忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
hsvフォーマット(ドラフト)(1)
要件定義。

課題。
現在SQLを実行した結果として取得する方法は主に
2通りある。

・GUIとしてグリッド機能にリンク結果を出す方法。
・CUIを用いて対話型でアドホックな結果を得る方法。

GUIでの問題点はGUIであること自体が問題となっている。
UNIXツールのようにさらにGUIの結果をパイプを用いて
処理を行うことができない。
XMLにダンプする等の方法もあるが冗長である。

CUIでの問題点は結果に対して再利用性がないこと。
加工性が極めて低い。
バッチ等を用いて再利用性を高めることもできるが
ベンダー寄りのツールになってしまうためセパレート文字の
定義等もベンダーごとにことなる。

以上のことからSQLのSELECT文の実行結果を整理するための
フォーマットを創作する。

形式はメールとTSVをMixしたものを採用する。

ヘッダ部分:
名称:<TAB>値<改行>
[名称:<TAB>値<改行>[...] ]
<改行>

データ部分:
項目1の値[<TAB>項目2の値 [...] ]

PR
【2012/04/22 20:11 】 | hsv | 有り難いご意見(0)
                                    
<<Struts2+Spring3+JPA2+Hibernate | ホーム | 圧縮アーカイブの謎>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>